07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

TelmoのTRPG日記。

ようこそ、ここは RPG(TRPG)やNOG(非電源系ゲーム)等の遊びをがんばっている、Telmoの日記です。雑多に思いついたことや、RPG・NOG研究会というサークルについてなど、色々書いてます。

フリーエリア

クリックしてくれると、 訪問者数が増えます(何

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

ある少年のお話。 

これはある少年のお話。
ちっぽけで、いまにも消えてしまいそうな少年のお話。



あ、すごい適当に書いています。
内容とか、決めてないし(ぇ
とりあえず、勢いの産物です。
ビバ勢い(落ち着きましょう。
構想0秒、携帯媒体の製作20分ですからねー。
読む人は…とりあえずそんな感じですよと。


…いや、一週間以上更新の時間がとれなくて、今日もそこまで時間が取れないので…。
ああと、分類は陰欝と悩みました。多分、きっとそんな内容。
語り調だからいいとおもった(ぁ
少年に兄や姉がいたら、以下の事はまた違ったのであろうか。
少年はその存在を求めつつ、考えても仕方がないと苦笑した。


その少年は初め、皆に望まれて生まれてきた。
二年に渡る不妊治療。皆、待ちわびていた。

その少年は与えられて育った。
初めの第一子として、将来を嘱望されていた。

その少年に弟がうまれた。
幼い心で感じたのは、恐らく嫉妬。

その少年に幼き頃の友はいない。
幼小中と、引越しを重ねた。

その少年は小学で勉学へと励んだ。
それが母の望みだった。

その少年は塾へと入った。
友と遊ぶ事も少なくなった。


その少年は愛を求めていた。
だからこそ、他人へ尽くしていた。
だからなのだろうか、告白を3度も行った。

その少年に妹が生まれた。
幼き心に、女性が憧れに映った。
女性に生まれたかった。


その少年は中学へと進学した。
明るすぎた性格は、そのまま反転した。

その少年は良くも悪くも真面目だった。
冗談がそのまま、その身に刺さった。

その少年にとって、愛すべきは可愛がってくれる者達であった。
部活で可愛がられた時は、泣きそうにすらなった。

その少年に彼女ができた。
学校の規則で、二人は別れさせられた。


その少年は愚かであった。
そして、万物に盲目であった。

その少年は何事もまず自分で行った。
自分が超人だと信じて。


その少年は小学校の教師が夢だった。
もしかしたら、愛を求めていたからだろうか。

その少年は大学へと進学した。
己の夢を、一つ切り捨てて。

その少年はできると思われたかった。
その行動は、空回りしていた。

その少年は万人から認められたかった。
だからこそ、精一杯何かをしていた。





そしてその少年は、今も愚行を積み重ねている。
全ては、万人に認められるため。
そして、万人に愛されるため。

だが。
恐らく、少年が真に求めるのは沢山の愛ではなく、小数からの濃密な愛なのだろう。

だからこそ、少年は一途で前のめりなのだろう。
…少年の恥ずかしがりで、あまのじゃくな性格が邪魔をしているのだろうが。







はい、ぐだぐだなままおしまい。
…あ、いたっ、、、ご、ごめんなさい。。
スポンサーサイト

category: 雑記

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://telmo.blog57.fc2.com/tb.php/101-247b4d64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

カウンター

ブロとも申請フォーム

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

最近のトラックバック

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。