05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

TelmoのTRPG日記。

ようこそ、ここは RPG(TRPG)やNOG(非電源系ゲーム)等の遊びをがんばっている、Telmoの日記です。雑多に思いついたことや、RPG・NOG研究会というサークルについてなど、色々書いてます。

フリーエリア

クリックしてくれると、 訪問者数が増えます(何

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

くとぅるふのよびごえD20 

さて!
今日のセッションの報告をします。


「…やる気満々ですね、マスター。」

えぇ、いい感じです。
それじゃ、早速いってみよー(何

「…いつもこれくらい
 ちゃんとしてくれると苦労しないんですけれどね…」


【元FBI捜査官ウッディーの手記より抜粋(一部修正あり)】
私は上司の命令で、隕石の落ちた町を調査する事となった。
なんでもそこで牛の惨殺したいが発見されたらしい。
全く…なんで私に回すんだろうか。
妻をまたほおっぽり出しちゃって…これははやく解決して、
会いに行かないとな…。

さて、村について、私は二人の民間人と知り合った。
一人は記者。一人は考古学者。
私達は記者の強い要望もあり、協力してこの事件を解決する事とした。
因みに、この時私は探偵、と身分を偽る事とした。

次の日、私達は隕石の元へと行ってみることとした。
話によると隕石は1m程の大きさで、
ひびが入っていたらしい。

私達は隕石の元へと向かった。
そこで、私達は一つのあるコトに気づいてしまった。
なんと隕石がまるで卵のように真っ二つに割れ、
中が中空となっており、そこに謎の粘液が残っていたのだ。
そのとき。私は謎の虫を発見した。
全長約50cm程の見たこともない虫…
それが、近くの地面を這っていたのだ!

…私達はその虫を撲殺した。
そして、その虫をサンプルとして、袋へとしまおうとした…
が、袋はその虫の体液に触れると、腐食したのである!
いったい何という事だ。
こんな生き物、今までに聞いた事もないぞ!
私はそのサンプルを瓶に保管し、FBI科学捜査部へと送る事とした。
その際、よき協力者である2人には私の身分を明かした。

私達がそこを去る際、あるものを見つけた。
まるで、抜け殻のようなものだ。大きさは全長2m程だろうか。
…不意に、私は気づいてしまった。この事件の犯人はこの虫なのだと。
そして、一匹だけではないのだと。

私達はある少年の目撃情報で、おおよその場所へと向かった。
そこには一つの穴が開いていた。おそらく、奴はこの先だろう。

…中に入る前に、私は妻へ、一通のメールを送信した。
『我が最愛なる妻へ
 私は、今回の事件で死んでしまうのではないか、と思う。
 今回は、さすがに危険すぎるだろう。
 多分、もう会えないかもしれない。
 だが。もし。もう一度会えたなら。
 その時は、また一緒に例の店へ行こう。
 また、会えたら…な。
 ウッディー』

中には、巨大なミミズのようなモンスターがいた。
私達は必死に戦った。
………が。
力及ばず…考古学者である友人が遂にそいつに飲まれてしまったのだ。
その時だった。
彼は体中に隠し持っていたC4とダイナマイトを一気に爆破したのだ。
あまりの衝撃に、崩れる地下の洞窟。
私と、記者は必死に入り口へと向かうが……私は今一歩、及ばず。
出口が塞がれてしまったのだ。
さらに崩壊が加速する洞窟。

…これで、よかったんだ。これで、この村の平和は守られた。
こんな怪物を、今ここで退治する事ができた。
なら…今、ここで死ぬのも…悪くないかな……。
そんなことを思っていた矢先の事だった。

不意に。
洞窟の奥のほうから、あの忌々しい奴の鳴き声が響いたのだ。
まだ…生きている……。
私は、最後の使命を果たすため。
鳴き声のするほうへと、歩を進めた………。



はい、次はみんなのPCレビュー

PC1(最終的に主人公? 記者)
最後に生き残ったPCです。
が、最後に村から去る前に、ミミズのようなモンスターに
再度、遭遇してしまいました。
その後、彼がどうなったのか、知る人はいませんw
マスターの話ではハリウッド風のエンディングを目指したそうです。
もう、このPCはかっこよかったです!
最高でした!

PC2(自分 警察-FBI)
えー…おじさんを演じれて満足でした!
最後のエンディングで、ジープに残されたパソコンに
メールが来るシーンでは真面目な話涙が出そうでした。
大満足です!
死にフラグのおかげで、感動しました!
『最愛の夫へ。
 あんた、何言ってるんだい。
 毎度毎度…本当に、冗談が好きなんだから。
 …早く事件を解決できると良いわね。
 あんたの帰りを、待ってるからね…。
 愛されている妻より。』

PC3(ボマーw 考古学者)
体中に発掘用という詭弁を用いて(w
C4等の爆発物を大量に所持していた人物です。
きっと…それが彼の死にフラグだったんだな…(==
最後のダメージ、254は凄かったです。
250以下なら洞窟崩れなかったんですけれどねー…
いや、彼がいてこその満足いくエンディングとなりました☆


以上。
…と、おそいのでここら辺で。


「…お疲れ様でした。…おやすみなさい。」

ん。
お休みなさい…。
さて…次はダブルクロスか…。。。
スポンサーサイト

category: RPG(TRPG)

thread: TRPG - janre: ゲーム

cm 3   tb 0   page top

コメント

ヽ(゜∀゜)/やたー

リンクさせていただきますよー。
飛行機くま #- URL [2006/05/08 23:03] edit

リンク

リンクなんて、もう、大歓迎ですよー(何(必死

えー…クトゥルフ、いいですよね!

…でも、私がGMした事がある卓は全部ギャグ卓という…。
いや、シリアスに作ったんだヨ?
PLがギャグに流し続けただけで……orz
Telmo #- URL [2006/05/07 22:35] edit

おおっ、クトゥルフD20!!
持ってますよぉ~わたし。
クトゥルフはなかなかやる機会がないのですが、昔からファンなんです。

そうそう、私のブログの方からリンクしてもよろしいでしょうか?
検討お願いします。
飛行機くま #- URL [2006/05/07 09:03] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://telmo.blog57.fc2.com/tb.php/30-4ca21436
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

カウンター

ブロとも申請フォーム

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

最近のトラックバック

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。