08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

TelmoのTRPG日記。

ようこそ、ここは RPG(TRPG)やNOG(非電源系ゲーム)等の遊びをがんばっている、Telmoの日記です。雑多に思いついたことや、RPG・NOG研究会というサークルについてなど、色々書いてます。

フリーエリア

クリックしてくれると、 訪問者数が増えます(何

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

【バイト】懐かしさと寂しさと 

少し前に、バイト先に顔を出した。

関西を旅行中に店長から電話があり、お土産を渡す約束をしたためだ。
急いで家に帰るようにと親に言われ、お店も忙しそうだった為、顔を出したのは十数分程度だったろうか。

パントリー、厨房を見ていると、なんともいえない懐かしさがこみ上げてきた。

頭の悪い、覚えの悪いバイトでした。
厳しさに疲れて、何度も辞めようとも考えました。
それでも……ああ、このバイトは、仕事が楽しかったのでしょう。

たった半年強。
最後の方には、いや、最後の日まで醜態を晒しました。
酷い問題も起こし、何度も呆れさせもしたでしょう。

それでも。
ああ、バイトは楽しかったんだ。

懐かしさとともに、寂しさも強く感じた。
もう、自分はそこにいないのだと。

また働きたい。
強く、本当に強く。

それでも……また、そこで働くわけにはいかないんだ。
あの時とは、環境も違う。
何よりも、また転ぶわけにはいかない。

また、店長と飲みに行こう。
そんな関係が、多分ちょうどいいから。






























多分私は、寂しさの裏返しが、無関心に繋がっているのかもしれない。
暫くは寂しくて、いつの間にかどうでもよくなり、いつの間にか避けるようにすらなる。
多分…いや、この辺りで止めておこう。
これ以上は、今の私の状態では、考えるべきでは無いだろう。
いずれは。

サークルにも、少し感じた寂しさ。
サークルには、関わっていこうと思う。
この前は大失敗をしたけれど、私は失敗の上手い償い方も知らないし、なにより謝り方も上手くはない。
だから、頑張るしかないじゃないか。
スポンサーサイト

category: アルバイト

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://telmo.blog57.fc2.com/tb.php/375-32d16272
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

カウンター

ブロとも申請フォーム

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

最近のトラックバック

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。