10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

TelmoのTRPG日記。

ようこそ、ここは RPG(TRPG)やNOG(非電源系ゲーム)等の遊びをがんばっている、Telmoの日記です。雑多に思いついたことや、RPG・NOG研究会というサークルについてなど、色々書いてます。

フリーエリア

クリックしてくれると、 訪問者数が増えます(何

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

【注意】汗が止まらない。 

ちょっと、見るのは非推奨。
書いたのは、書かないと潰れちゃいそうだから。

収まりかけてはいるけれど、まだ恐ろしい。





















人が死んだときの遺産分割などを題材にした、法律の授業の最中。
死について、考えた。





死んだら、人はどうなるのだろうか。
昔考えた、いつよりも、リアルに思えた。
恐ろしい喪失感。
何もなくなる恐怖。

今考えている思考なんて、死ねば消えてしまうだろう。
私という人格も、無くなってしまう。
証が残るのかもしれない。
しかし、それは救いにはなり得ない。
何故なら、死んでしまうのだから。

別段、宗教を否定するつもりは無い。
死後の世界もあるかもしれないし、生まれ変わることもできるかもしれない。
でも、確証は無い。
信じることができないのなら、それは私の救いにはならない。
私は多分、宗教家になる可能性はあっても、敬虔な信徒にはなり得ないのかもしれない。

みんな、みんな消えてしまう。
この生に意味などは無い。
しかし、生に意味を見いだせなければ、死への、正体も知れない恐怖に飲み込まれるしかない。

人生は、止まらない。
人生は、常に走りつづける。
そして、いつかは死ぬ。
救いはあるのかもしれない。
でも、確証は無い。

だからこそ、何かを見つけなくてはならない。
でも、何があろうと走りつづける、残酷なのが人生なのだ。
何かとは、何だろうか。


恐怖のままに綴ったからか、文章は支離滅裂だ。
ただ、だいぶ落ち着いた。

要は、死にたくないのだ。
この命が、この心が。
たとえ尽きたとしても、納得できる何かが欲しいのだ。
何かを見つけたいのだ。

宗教はいらない。
そんな救いなんてまっぴらだ。
その何かは、自分で見つけなければ……多分、私は納得できない。
私が理解している範囲での、現行の宗教に、心の底から信ずるに足る何かは無いのだから。

















……そうか、新興宗きょ(殴
スポンサーサイト

category: 陰鬱

cm 1   tb 0   page top

コメント

新世界の神になると聞いて歩いて来ました。
鉢植え #- URL [2008/05/30 18:09] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://telmo.blog57.fc2.com/tb.php/403-a827170c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

カウンター

ブロとも申請フォーム

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

最近のトラックバック

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。