04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

TelmoのTRPG日記。

ようこそ、ここは RPG(TRPG)やNOG(非電源系ゲーム)等の遊びをがんばっている、Telmoの日記です。雑多に思いついたことや、RPG・NOG研究会というサークルについてなど、色々書いてます。

フリーエリア

クリックしてくれると、 訪問者数が増えます(何

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

【TRPG】考察:TRPGが上手くなるには/良いプレイヤーとは。 

先日に少し書いてみたら、コメントをいただいたので、改めて考察してみようと思います。

「内容はTRPGが上手くなるには…ですね」

はい。
…ところで。TRPGが上手いプレイヤー(参加者。GM・PL)というのは、何をもって言うものだと思いますか?


「何をもって…ですか。…プレイヤーが全員、自信をもって『楽しかった』と言えるプレイができる、でしょうか」

ふむ…それは、GMにもPLにもいえる事ですね。
ただ、少しGM寄りかもしれませんね。
…他にはいかがでしょうか。


「ええと…映えるロール・演出、データの活用ができる事でしょうか」

こちらも、GMにもPLにも言えることですね。
今度はPL寄り、でしょうか。
他にはどうですか?


「他…ですか。ええと…」
難しい質問ですよね。
全ての条件を挙げろと言われても、沢山ありますからね。

「ふむ…何故、沢山あるのですか?」
んー…なんでだと思いますか?
「えっと……それは、いろいろなプレイヤーがいるから…でしょうか」
そのとおり。プレイヤーの考え方が多種多様だからだと思います。
考え方が違うから、上手いにしても条件が違う。
ロールを重視したり、ゲーム性、データその他、何を重視するかですね。
実際にサークルを巡ってみると、その違いに戸惑うことがありませんか?

「そうですね…程度は違いますが、随分と違いますね」

「そしたら、絶対的に上手い条件は無いということになりませんか?」

基本的には、そうですね。
そのグループごとに、極端に言えば個人ごとに、セッションごとに定義が違います。
ただ、どの上手い人にも、共通することがあると思います。
何だと思いますか?

「え? ええと…」

それは、第一に『セッションを全てにおいて、楽しいものにしよう』という考え方です。
「…それは当然じゃないですか?」
確かに、当然です。
でも、一番重要な事だと思いませんか?

「それは…まあ…」
その考え方を、常に持ち続ける事が必要だと思います。
ヒートアップしてまわりが見えなくなるなどは、誉められた物ではありませんしね。

また、『自分の考えを押し付けない』というのも大切です。

「押し付けない…考え方や価値観を、ですか?」
その通り。
例えばロールが滑らかな人、ガチのデータが組める人。まあ他にも沢山ありますが。
人間は基本、自分と同じか、それ以上を相手に求める性質があると思います。
求め、助けて忠告し、わかってもらうのは良いです。

「…それは寧ろ、推奨されるでしょうね」
多分その通りでしょう。…まぁ、時と場合によりますが。
しかし、それを越えて、批判や怒るになってしまうのはいただけないでしょう。
セッションの空気は悪くなり評価が下がりますし、その怒られた当人はもう、その人と一緒に遊びたくないと思うでしょう。

「マスターみたいにマゾ体質で、それでも遊ぶ人もいますけれどね」
………。

…そ、それと、『PL・GMがシナリオを作る』と、『PL・GMが好き勝手できる』を混同してはいけないでしょう。
結構似ていますが、大きく違うものです。

「お互いに加減をしなくては、という事ですか?」
そうです。
結局は集団で遊ぶものなので、誰かが極端に突出しては、他の人が干されたり等々してしまうから…ですね。


「…なんだかマナー講座みたいですね」
そうですね…見直してみると、そんな気がひしひしと…。。
ともあれ、マナーを守れるのは良いプレイヤーである、というのは間違いないのではないと思います。
上手いプレイヤーは良いプレイヤーであることが多いですから、自然と共通点はそうなるのでしょう。
勿論、これは絶対ではないですし、見当違いな条件もいくつかあることでしょう。

「まぁ、これらはマスターの偏見のマナー、かもしれないですしね。マスター自身が良いプレイヤーであるかどうかは疑問ですし」
……ど、努力します。

上手いプレイヤーになるには、その前に良いプレイヤーになる必要があると思います。
「確かに…どんなに価値観があっていようと、悪いプレイヤーはマイナスに見られてしまいますしね」
そして上手いの定義がそれぞれ違いますので、それぞれの場に合った上手さを身につけることが、本当の意味で上手いプレイヤーなのではないか、と思います。
ですから、コメントにもいただきましたけれども、多くのプレイヤーとセッションをするべきだと思います。
そして、多くの定義を知り、それにあった能力を身につけ、伸ばすことが、上手いプレイヤーへの道ではないでしょうか。


「まぁ、マスターはまだ、どの点を取っても上手いプレイヤーとは言えないでしょうけれどね」
………う、うるさいですねっ。
私の成長はこれからですよ、これからっ。



この文章はTelmoの思うところであって、絶対でもなんでもありません。あくまでもTelmoはこう思っている、というレベルに過ぎません。
また、誤字脱字、いくつかあると思います。(気づいたら教えていただけると幸いです)
そんな文章ではありますが、最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。
私はこう思っている、こういう意見質問、反論がある等ありましたら、この記事へのコメントか、Telmoへのメール等でお願いいたします。
よろしければ、皆さんの考えを教えていただければと思います。
ありがとうございました、お疲れ様です。
スポンサーサイト

category: RPG(TRPG)

thread: TRPG - janre: ゲーム

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://telmo.blog57.fc2.com/tb.php/421-681cc4bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

カウンター

ブロとも申請フォーム

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

最近のトラックバック

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。