08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

TelmoのTRPG日記。

ようこそ、ここは RPG(TRPG)やNOG(非電源系ゲーム)等の遊びをがんばっている、Telmoの日記です。雑多に思いついたことや、RPG・NOG研究会というサークルについてなど、色々書いてます。

フリーエリア

クリックしてくれると、 訪問者数が増えます(何

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

 





























今日の14時18分、祖父が亡くなった。
79歳、肝臓癌だった。

朝の10時に叩き起こされ、お見舞いに行くかと聞かれた。
昨日から血圧が下がり、所謂危篤という状態だった。
上の弟は受験勉強、妹は塾、下の弟は学校(部活)。
お見舞いに行くことにした。
病院までは1時間。

病室につく。
体温は36.6度、血圧は(確か)80の60。
声を掛けると、辛うじて返事があった。
目は黄色く、見えないのだと言っていた。
看護婦さんが、血圧を上げる点滴を入れた。
点滴は二本になった。

昼間になり、食事に行った。
そのまま帰り、また明日、妹や弟を連れてお見舞いに行く予定になった。
食事を終えた祖母に、残った伯母から電話があった。
祖父の、呼吸が止まった。

急いで引き返す。
お盆だからか、車は動かない。
電話があったのは13時30分。
着いたのは、14時15分だった。

そして……祖父は、亡くなった。

祖父は、C型肝炎だった。
肝硬変を起こし、そして癌にかかった。
癌から二年。

何度も、本当に何度も奇跡の回復を見せ、医者も驚き、目を見張った。
もうだめだ、と周りが思う度に、奇跡を……祖父は、起こした。
今回も、再度意識不明で入院する(救急車で運ばれた)時には、そのまま亡くなるのではと、誰もが見ていた。
しかし、自分で手足を動かし、トイレに自分で行けるぐらいしっかりしていた。

だからか、まだ、信じられない。
数日前には、退院の話まで出ていたのに。



思えば、祖父は真面目で、しっかりした人だった。
きれい好きで、私達を沢山、本当に沢山愛してくれた。
……私は、それに応えられたのだろうか。

思うと、邪険にした節があるのだ。
悔やんでも悔やみきれないほど、ああすればよかったがある。
何よりも、もっと話したかった……。

祖父は、髭を剃ってもらった直後、呼吸が止まったらしい。
いかにもきれい好きで真面目な、しっかり者の祖父らしいじゃないか。

私は泣いた。
今も泣いている。
多分、まだ泣くだろう。

ただ、せめて……泣いても、笑顔で見送ろう。
それが、祖父の為なのだと信じて。



纏められないけれど、何を書いているかわからないのですが、心の一部をここに残しておこうと思って、そして落ち着くために書きました。
読んでくれた方はありがとうございます。
お疲れ様でした。
スポンサーサイト

category: 陰鬱

cm 1   tb 0   page top

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#  [2008/08/13 00:20] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://telmo.blog57.fc2.com/tb.php/442-34739789
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

カウンター

ブロとも申請フォーム

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

最近のトラックバック

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。