06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

TelmoのTRPG日記。

ようこそ、ここは RPG(TRPG)やNOG(非電源系ゲーム)等の遊びをがんばっている、Telmoの日記です。雑多に思いついたことや、RPG・NOG研究会というサークルについてなど、色々書いてます。

フリーエリア

クリックしてくれると、 訪問者数が増えます(何

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

【映画】雲の向こう、約束の場所 

新海誠さん映画第二弾。
こっちの方が、さっきのより好きです。


――あの日、あの時、僕たちは叶えられない約束をした――

こっちは号泣と言ってもいいかもしれません。
久しぶりに、あんなに泣きました。

この映画の酷いところは、泣きどころが一つじゃない所だと思います。
少なくとも、ぐっとくる場所は沢山ありました。

私自信のツボが約束というのは理解しているのですが、それ以外、それ以上に見所のあるものです。
是非、先程以上に、一度は見ていだきたい映画です。


あ、見た感想として、青春を無駄に過ごした気がして悲しくなりました(笑
あと、思わずこれを基にN◎VAのシナリオを作りかけました。
時間があれば作りたいですが…ちょっぴり、難しいかな……サイバーパンクがちょっぴり、辛いかも。
現代版とN◎VA版とで作ってみようかな……


(以下、多少ネタバレを含みつつ)
まず、最初の方のほのぼの感が、良かったです。
三人でユニオンの塔へ行くという約束をして、川(?)に三人で落ちるぐらいまでは、酷いぐらいにほのぼの、青春しています。
それが、後に続く悲劇を強く際だたせますね。

宇宙が見る夢、眠り続ける少女という、夢を基軸としたストーリー展開も好みです。
少女に縛られた青年、夢を忘れた青年の二人も、とても苦しいほどに心の動きが見えてしまい、それが見ていて気持ちがいいです。

世界を覆おうとする虚構を一人で留め、それが故たった一人しかいない虚構の世界の夢を見続ける少女。
彼女の叫びはどれも苦しいもので、強く助けたいという衝突に駆られます。

そんな中で起こった二人が出会う奇跡は、本当に嬉しいものでした。
約束を信じていたからこその奇跡で、約束…そして少年の存在自身が、どれだけ少女の支えになったのかは想像に難くありません。

だからこその最後の結末は本当に苦しく、目覚めたのは嬉しくとも、気持ちを忘れてしまった彼女、その寸前まで必死に忘れたくないと、気持ちを伝えたいと願っていた彼女。
――何か伝えなくちゃいけなかった筈なのに…忘れちゃった…忘れちゃった――
と泣きじゃくる彼女の姿に、涙が留められませんでした。

そこでの青年の返しも、また主人公らしくてカッコイい。
というか、主人公が全力で主人公だったので、そこも良かったですね。
やっぱり主人公はああでないと(笑

――あの白いきれいな飛行機は、海の向こう側の塔まで無事に飛びましたか――
この作中で一番好きな台詞の一つ(他には先程のとか)で、本当に飛行機は、約束は特別な存在だった事を伺わせます。
まあ…あの手紙は、全部大好きです。

終わりの後を想像すると恐ろしくは色々と問題があるのでしょうが、きっと幸せになってくれる事でしょう。

新海さんの作品はやや綺麗すぎる気もしますが、私は大好きです。
スポンサーサイト

category: 映画とか

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://telmo.blog57.fc2.com/tb.php/640-69ef0fd4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

カウンター

ブロとも申請フォーム

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

最近のトラックバック

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。