09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

TelmoのTRPG日記。

ようこそ、ここは RPG(TRPG)やNOG(非電源系ゲーム)等の遊びをがんばっている、Telmoの日記です。雑多に思いついたことや、RPG・NOG研究会というサークルについてなど、色々書いてます。

フリーエリア

クリックしてくれると、 訪問者数が増えます(何

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

【呟・SS】電源とリセット 

ぼんやり、携帯から寝起きで書き込んでみる。
最初は別の内容だったのですが、気づいたらSSっぽかったので。


SSは色々と恥ずかしいので、見る方は色々と心の準備をですね…(何


SSというか、台詞というか…まあ、そんな感じで。


夕日に染まる教室に、彼女と僕はいた。
彼女はあの時…茜色の空気に溶けてしまいそうな、そんな雰囲気を纏っていた。


人生にリセットボタンがあるならば、私は押すかもしれない。
でも…死は、リセットボタンとは限らない。
もしかしたら、電源なのかもしれない。
電源なんだったら…私は、嫌だな。
誰にでも与えられた、唯一のスイッチ。
押したからって


彼女が何故、こんな事を話し出したのか、僕にはわからなかった。
もしかしたら、そういう話の流れだったのかもしれない。


…でもね。
もし、死がリセットボタンだって確信できたとしても…やっぱり、私は押さないと思う。
最初に押すかも…って言ったけどさ。


苦笑しながら、彼女は続ける。


だって…そうしたら、私は消えちゃうから。
今の私があるのは、今までの時間があるからなんだよね。
もちろん…みんなと会えたのは、私が私だったから。
そうだね…今のみんなと会えなくなるのも、嫌かな。
…何よりも……


その時の彼女は、今にも消えてしまいそうな…そんな、微笑みを浮かべていた。
今でも、囁くような彼女の声を覚えている。


君に、会えなくなるから。


その時の彼女は…とても、とても綺麗だった。



















…今、彼女はどこにもいない。
本当にリセットボタンだったのか…それとも、電源だったのか。
…それはわからない。
ただ、今の僕があるのは…彼女のお陰なんだ。

彼女がいた証は、ここにある。
忘れない限り、ここにいる。
スポンサーサイト

category: 小説

cm 2   tb 0   page top

コメント

あー、えと、ありがとうございます。

む、色々と拙い文ではありますが、読んでいただいてありがとうございます。
あー…気に入っていただけたなら、何よりです。
…嬉しいですね(何

ぼんやりと誉められたので読み返してみると…書き漏れ(脱字?)が。
多分、削除する予定でわすれてた文かなと予想してみてます。
携帯からだと字数的に修正できなそうなので、いつなおるか解らないです。
字数が多いから、修正画面を開くと(au様なので)後半が消えてしまうのです…。
Telmo #JUGsyThY URL [2009/02/27 14:30] edit

Re: 【呟・SS】電源とリセット

いい感じじゃないですか!
こういうの好きー
瓶 #- URL [2009/02/27 01:16] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://telmo.blog57.fc2.com/tb.php/643-c39c7d31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

カウンター

ブロとも申請フォーム

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

最近のトラックバック

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。