08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

TelmoのTRPG日記。

ようこそ、ここは RPG(TRPG)やNOG(非電源系ゲーム)等の遊びをがんばっている、Telmoの日記です。雑多に思いついたことや、RPG・NOG研究会というサークルについてなど、色々書いてます。

フリーエリア

クリックしてくれると、 訪問者数が増えます(何

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

【補完】不足を考える:人を見る力。 

ぼんやりと、書きつらねてみる。

自分に不足しているものを考える事で、補う事が目的である。
そしてあわよくば、助言を貰えるかなと淡い期待をしていたりして。

ともあれ、今回考えるのは人を見る力についてである。
この大切さを再認識し、いかにして養うのかを考えてみたい。

 人を見る力はいかなる職種につこうとも、いや、職種だけではなく生きていく上で必要な力だろう。現代社会において、孤独でいるのは至難の業である。そして人と関わりコミュニケーションを取る以上、人を見る力は非常に重要なものとなる。相手の様子や感情を把握して活用する事で、円滑でより良い関係を築けるはずである。
 以上の事から人を見る力とは、コミュニケーションの基礎の一つと言える。しかし、その力は人によって極端にまちまちである。自分では隠していたはずの事まで洞察して活用する人もいれば、私のように表面的に相手を捉えて判断してしまう人がいる。私でさえ本質を晒すことが殆ど無いのだから(時折ボロが出るが)、表明だけを見ても真に心を掴むような関係は築けない。この違いは天性の才能によったり、これまでの人生で培われてきたか否かであったりする。では、今からその力を鍛えるにはどうすればいいのか。
 自身が鍛えてきていない故に予想するしかないのだが、何よりもするべきは数多くの人間観察をする事で、自分の中にあるライブラリを豊かにする事ではないだろうか。いかに読みとることができたとしても、それが何なのかがわからなければ意味がない。読みとれていないのと何ら変わりがない。また、ライブラリを増やすために観察を続ければ、観察力も養われるに違いない。
 そしてもう一つ、自分を観察し、理解することを忘れてはならないと思う。何故ならば鍛えるのは自己の人を見る力であり、自分を理解できていないのに、他人を理解しようなどと、おこがましいのではないだろうか。そのために何をすればいいのか。それは、真摯に自己に向き合う事しか考えられない。
 私は自分があまり好きでなく、一言で言えば嫌いだと感じることが多いのだが、その感想は向き合うことから逃げているのではないのだろうか。要は、目を背けているのだ。それでは自分を理解することなど、あまつさえ他人を理解することなど夢のまた夢である。例え嫌悪感を感じようとも、それを感じたところで止まらずに、更に先へ進まなくてはならない。その先に、自己への理解がある。
 つらつらと述べてみたが、他人を見る力を鍛える方法を纏めれば二点に絞られる。一つは他人を観察して、ライブラリを増やして観察力を養うこと。もう一つは自己と向き合い、理解すること。以上である。機会があれば(気力があれば)これを踏まえ、理解した事を活用する方法を考えてみたい。
スポンサーサイト

category: 補完

cm 3   tb 0   page top

コメント

いやはや(汗)

毎度毎度長文で、
ホンマにすんませんですよ。
m(;´д`)m
KEI #mQop/nM. URL [2009/04/07 13:49] edit

コメントありがとうございます

既にかけているならば調整として、かけていないならば作ろうとして、私は考えたい。

ともあれ。
一挙一動に注目する事は、確かに大切だと思います。
取捨選択していては物事を見損じますからね。

わざわざ長文なコメントをしていただきまして、ありがとうございます。
Telmo #JUGsyThY URL [2009/04/07 12:13] edit

「見えないモノを見る為には

眼鏡をかけるか、
既にかけているならばレンズの調節をするべきだ。」

…なんちゃって。(笑)

まぁ、課題を考え自己を掘り下げ、
助言を求めているなら上記の言葉はいらないと思うんですがw

助言を~とか仰ってるので、調子に乗って
私の知ってることを垂れ流します。

「答えは全て、相手の中に予め用意されている。」

格好、仕草、言動全てが、
相手から滲み出たものです。
土をさらい、砂金の粒を探すように、
それぞれを根気良く一つずつ拾い出し、
丹念に検証し、考え、様々な角度で眺めれば、
そこから隠れていたシンリが
見付かる事もあります。

まぁ、それを分析するにも知識が要りますし、
そもそも目のピントがずれていたら大変です。
そのためにも、レンズの調整は必要なんです。
(あれ?元に戻った?)

まぁ、他にもイロイロありますし、
イロイロあるんでしょうけど、
長文になってきたのでこの辺りで。(爆)
締まりがなく、既知・的外れなら更にスマソ。
KEI #mQop/nM. URL [2009/04/07 00:16] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://telmo.blog57.fc2.com/tb.php/682-e370f6bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

カウンター

ブロとも申請フォーム

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

最近のトラックバック

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。